肌の潤いとベタつきの違い

どんどん、歳を重ねると肌の潤いがたりなくなるものなので、私も日々保湿に気を付けています。しかし、冬と違って夏のこの季節は、どんどんと暑くなり、お肌自体が汗や皮脂によってベタつきがちです。いつも洗顔をした後は、スッキリさっぱりとしてすかすがしい肌の状態なのですが、その後しばらくすると、すぐにべたついてきてしまいます。そこで最近悩むのが、これは肌の潤いではなくて、単なる肌のテカり(皮脂)や汗であって、お肌の保湿としては果たして足りているものなのか?

http://www.takeharauminoeki.com/

もしくは足りていないものなのか?なかなか判断がしにくいということです。

一見、カサカサと乾燥はしていなさそうに見えてしまう、テカってベタベタとしたお肌なのですが、それは肌の表皮だけのことであって、皮下では足りていないのではと思います。肌の衰えは、コラーゲンなどの不足による弾力やハリなどの減少というので、いくら見た目が潤って見えがちの夏の肌であったとしても、それがお肌の潤いやハリにつながっているものではないということです。

夏という季節は、汗や湿気で肌もなかなか乾燥して感じないため、勘違いをしてしまいそうです。ムダな皮脂はベタつきにつながるものなので、勘違いせず、しっかりとしたお肌の潤いを大事にしたいです。